こんにちは

今日もことだまを使ってメッセージをお届けします。

最近アメブロの中で

私達の命は神様から分け御霊をもらって

生まれてきた命だから

みんなが神様の子供なんだよ

という話をしています。

これまではなんとなく

「神様」という言葉を

言いづらい気がしていたけれど、

この頃は人からどう思われるか気にするよりも

自分が信じていたり大事にしていることを発信していくことに

もっと自信を持ってもいいし、

本当はそうすることが自然なことじゃないかな、

むしろこれからの時代はそれが主流

(目に見えないもの、心やスピリチュアルな世界がオープン)

になるのでは?と思うようになりました。

なので今、感じているそのままを伝えて行こうと思います。

それで、私達は何度も輪廻転生を繰り返しているので、

年齢や男女も大人と子供という境界線も本当はないし

魂同士お互い学び合うご縁のある相手だと思っています。

その捉え方でいくと

親だからって子供に対して上から目線で言葉がけしないで

子どもがしていることに興味を持って驚いたり面白がってみたり

子どもと一緒になって遊んじゃう楽しんじゃえばいいし、

逆に子どもに教えてもらうという姿勢が重要な気がしています。

社会人だって同じことで、上司や先輩の言うことが全てではないし、

批判し合うのでもない。

自分軸をもちお互いを尊重しつつ、より成長するには?

ということを意識したいと思うのです。

ポイントは

目の前の出来事はどういう意味があるのだろう?

と客観視してみること。

目の前の出来事から何かを学び取る

そんな感覚でいると、いろいろな気づきがあって

すべてのことに感謝することができると思いませんか?

時々は人間だから、イライラしてしまうことや、

気分が沈んでしまうこともあるけれど、

(そのことは誰かを批判したり、自分を責めたりするものではないから)

「大丈夫大丈夫、そんなときもある。」といって

そのままの自分を認めてあげると🆗🙆

そうやって毎日、昨日の自分より成長していくことで

カドがとれて、まあるい人になっていくのだと思う。

まあるくなるって神様に近づいていくような感じだと思う。

ひとつひとつ階段を昇っていくと遠くに感じていた空の上の天国が

いつの間にか近づいている・・・ということにも気づいたのです。

みんなそれぞれ自分の階段を昇っているという意識でいると

人と比べる事はしなくなるから自分一人だけが困難な道を歩いて

いる訳じゃない

この階段を自分らしく昇っていけば、天に通じているのだ

しっかり自分の階段を上へ上へと歩いていけば大丈夫なんだ

・・・って勇気が出てくると思う。

気づきと成長の繰り返しで階段を昇ろう

ヽ(=´▽`=)ノ

読んでくださりありがとう

聴いてくださりありがとう

今日のことだまショートソングはこちらhttps://static.blog-video.jp/?v=hKvGpwQMP4fa0msGFDaRKmy0

コメントをどうぞ:

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。