ある意味、これも瞑想?状態

今日の夕方、1時間程度の待ち時間がありました。

行き先は、とあるショッピングモールの近くだったので、

「ええとこがあるわい。」と思いつきました。

空調が効いていて、快適なショッピングモールの駐車場にある

エスカレーターロビーのベンチです。

ここで今日のブログを書こうと考えました。

考えは、甘かったね(笑)

ベンチに座って、気がつきました。

なんとたくさんの音の洪水に囲まれるということに。

すぐ階下にはショッピング街があって、人混みがあるし、思ったほど頻繁というわけではないけれど、目の前を人が行き来します。

なにより、そこがエスカレーターロビーだったので、「上りの方は、左側の・・・。下りの方は、右側・・・。」「ご利用のお客様は、黄色い線の内側に・・・。お子様の手を・・・。」という割と大音量のアナウンスがリピートされて、聞こえるし、その向こうで、日本語の英語の他の言語の店内放送が混じり合って聞こえます。

これだけ、いろんな音が混じり合うと、ピタッ!と思考が止まります。

そうか! これは、強制的な瞑想状態なんだ。

あてもなく都会の雑踏を歩くときの気持ちに似ています(遠い記憶)。

かえって店内の方が落ち着くかなと、エスカレーターを降りて、ショッピングモール内のソファに腰をおろしてみました。

そうすると、今度は当然ながら、近くのショップの音がやけに大きく聞こえます。

目の前には、人々の歩く足、靴が右から左から行き交い、視界に入ります。

唐突に子どもが叫び、何を言っているかわからない人の声、笑い声が“ごった混ぜ”になって耳に入ってきます。

ああ。ここにノイキャンヘッドフォンがあればよかったのかも知れない。

ぼくが使っているノイキャンイヤホンはJabraエリート、85t。ソフトで自然な音が響くイヤホンだ。上品とも言える。ノイキャンもハッとするような音の響きを感じる気がする(個人的感想です)。

おもしろいなぁ。これも修行なのだと楽しんでいました。きっと、フードコートやカフェに移動しても、同じだろうなと思いました。ショッピングセンターは、いつもより人出は少なくても、実ににぎやかでした。

ふと、エスカレーターを利用していて、気がついたのは、人との距離感です。

誰も手すりに触ろうとはしないし、エスカレーターを歩いて人を追い越す人を見かけませんでした。そういう自分自身もそうだったし、これは、新しい習慣なのかも知れません。

他人との距離は、以前より確実遠くなりました。

不用意に人が触ったものを触らなくなりました。自動ドアではないトイレの扉を開けるときも、ひじで開けていたりしますし、水道の止水栓レバーですら、ハンカチやペーパーを使います。

これは、これで新しい距離感覚、新しい習慣なんじゃないかなと思います。

コンタクトレンズをハードからソフトに変えた

ぼくが、これまで使っている目薬「Vロート・コンタクト・プレミアム」が、ソフトレンズでも使えるのかを調べたら、どちらでも装着時でも使えると知って安心しました。

この目薬は、角膜ダメージを修復する成分も含まれていて、爽快ですっきり、じわっと目が楽になります(個人的感想)。

ぼくのお気に入りの目薬です。

コメントをどうぞ:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です